« ゆく2008年運勢。くる2009年運勢。 | トップページ | ◆オリジナル原画販売追加 1点◆ »

★「2」の時代。

2000年代となって、必ず頭に「2」がつく今世紀は「2」の時代と言われ、

運命数「2」の影響が色濃く時代に反映すると言われています。

では、果たして「2」の時代とは。。。

それは、もう既に時代の各所に現れてきています。

「2」の数字の表すところは、2分化された世界の対比。近い間柄での人間関係(親子・兄弟・恋人・友人)。中性。幼さ(早熟)又は老い。表面的。二次的利用。個の確立と補佐。

このような観点から、世界を映してみると、

◆アメリカ合衆国大統領に初の黒人大統領「バラック・フセイン・オバマJr.」氏(運命数2)が就任。
◆格差の社会。
◆日本の政治界は二大政党時代に。
◆女性(または、中間的性)の社会的地位の広がり。
 →白人と黒人。貧と富(負け組・勝ち組)。男と女。など2分化された世界に変動が。

◆親子間での問題(親子間での殺人・教育問題)が注目される
 →近い間柄での人間関係(親子・恋人・友人)での問題が表面化。

◆高齢化問題。年金問題。
◆時代を反映する人物の低年齢化
 →運命数「2」は一般に早熟といわれ、その分年齢を重ねてから第二の人生があると言われています。

◆仮想現実の世界の構築。
◆サブプライム問題。
◆イケメンブーム。
 →表面的な世界に重きがおかれ、実体や本質に無頓着になる場合も。

◆リメイクブーム
◆リサイクル(Eco)ブーム
 →映画や音楽など芸術方面でも2次的加工のブームや資源の再利用なども。

◆個人の自由の時代。
◆福祉の時代。

そして、私が「2」の時代のテーマと考えるのが、『個の確立と補佐』です。

王の時代や家族制度、身分制度の世界であった『1』の時代に比べ、

私たちは個人が自由に考え行動できるようになりました。

しかし、その広がりは全世界的とは言えず、貧しさ、肉体的弱者、暴君ゆえに行動の自由を奪われている状況もあります。

そうした格差を無くしバランスを平滑化するには『個の自由』を得たものが、歩み寄り手を差し伸べることが必要だと考えます。

 

そして、この「2」の時代は始まったばかり、まだ未熟な部分が多々あります。

時代は年月と共に成熟をし、また次の「3」の時代、「4」の時代の課題へと進むのでしょう。

★★運命数検索↓↓ 

★運命数一覧 / ★自動計算

★運命数  / / / / / / / / / 11 / 22

|

« ゆく2008年運勢。くる2009年運勢。 | トップページ | ◆オリジナル原画販売追加 1点◆ »

「★占いで見る世界★」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66567/43695457

この記事へのトラックバック一覧です: ★「2」の時代。:

» 人との縁。 [情報の波 運勢の波]
・毎日時間をもてあまして寂しい時がある ・自分を好きになってくれる女の子はいないのではないかと不安 ・自分は一生、彼女ができないのではないかと不安 ・自分は一生、結婚ができないのではないかと不安 [続きを読む]

受信: 2009/01/13 19:17

« ゆく2008年運勢。くる2009年運勢。 | トップページ | ◆オリジナル原画販売追加 1点◆ »